巻物

汗をたらして熱弁する先生と暑い日差し

発泡酒はぬるかった

「ステーキ」のことを特別に考えている人って、いっぱいいるのかな。過去の体験や思い込みなんかが、「卵焼き」が現してることとゴッチャになることって、よくある話って言われそうだし。

ホーム

凍えそうな休日の晩は友人と

ここ最近、TVで、マックチキンの食感を再現するレシピというふうに流していた。
たいそう似ていそうだと考えて、妻にしてもらったが、マックチキンの食感では決してないけれどおいしかったです。
なんというか衣がほんの少し違ったけれど、中は、チキンといえばチキンなんだから、自分くらいの味覚では、少しの違いは何とも思わずめちゃめちゃうまかったです。

蒸し暑い木曜の明け方に熱燗を
夜中、眠りに入れないときに、家にあるDVDをゆっくり見る習慣がある。
先日選んだDVDは、エスターというタイトルのアメリカの映画だった。
主人公の、エスターと言う子はしっかりものだけれど一風不思議な子ども。
終わりに予想もつかない結末が見れる。
これを見る真ん中で、結末が理解できる人がいるのか不思議なくらい意外すぎる真実。
結果は、ドキッとするわけでもなく、ただただゾクゾクとするような結末だった。
ストーリーは、毎日の私の毎晩の時間を楽しませてくれる。
しかし、常にジントニックなんかの甘いお酒も常に一緒なので、体重が上昇するのが怖い。

無我夢中でお喋りする彼女と霧

頼まれて、知り合いの所有地のモウソウダケの伐採を協力していたけれど、しかし、モウソウダケがめちゃめちゃたくさんで大変だった。
山の持ち主が土地の管理を両親から相続して、竹が密になっていて、どこから手を入れていいかわからない状態だったそうだ。
自分は、仕事で活用する太い竹が欲しかったので、もらえるとなり、タイミングが良かったが、奥まった山から出すのもつらかった。

陽気に吠える家族とあられ雲
錦糸町の水商売のお姉さんを見ていると、すごいなーと思う。
というのは、しっかり手入れした見た目、会話、それらに対する努力。
客に全て勘違いをしてもらわないで、夢を与えていると思わせつつ、太客になってもらう。
たまに、もしかしてこのお姉さん、自分に惚れているのかな?と気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どの職業よりも、難しそうだ。
一番は、私はナンバー入りのホステスの収入が凄く気になる。

怒って吠える兄弟と紅葉の山

遠い遠い昔、見た映画が、「ビフォアサンライズ」というもので、日本語のタイトルは恋人までのディスタンスという。
20歳のお姉さんに、「感動すると思うよ」と絶賛されていた合作映画だ。
旅の帰りの電車の中で居合わせたアメリカ出身のジェシーと、フランス人の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌはほんの少しウィーンを歩き回る話。
この他とは違う部分は、これという事態、もしくは盛り上がりなんかが、そんなに無いという点。
なんかについてひたすら意見を言い合う。
に関してじっくり語り合う。
まだ中学生だった私は、まだまだ子どもで、ただジーッと観賞した作品だった。
時がたち、先日、たまたまDVD屋さんで発見し、これはまさかと思い借りてみたところ、ところどころ心に響いた。
お気に入りは、レコード屋でケイス・ブルームの曲を聞きながら視線を投げあうところ。
ジェシーとセリーヌの帰国の際、つまり、別れのシーン、エンドを迎える。
当時は理解できなかったこの映画、間隔をあけて見ると、すこし違う見方になるのだろう。
それから、ケイス・ブルームのカムヒアが入ったアルバムを、CDショップより探し、聞いている。

控え目に話す家族とよく冷えたビール
手を出せば、完成させるまでに膨大な時間が必要なものが、世の中に数多くある。
代表的なのが、外国語だろう。
と思っていたが、韓国語だけは例外で、日本の言葉と語順が一緒で、実は音が似ているので、身に着けやすいと言う。
3年くらい韓国語を勉強した明日香ちゃんは、今からのスタートでも割と学びやすいのでお勧めとの事。
ちょっとだけテキスト買ってみようかな・・・と思ったけれど、やっぱりハングル文字は記号にしか見えない。

陽気に大声を出すあの子と読みかけの本

喜ばれる贈り物を決めなくてはと思っている。
記念日がすぐで、妻に喜んでもらえるプレゼントしたいのだけれどものすごく良い案が思いつかない。
家内になんか欲しい物があるのならば、話は早いが、たいして、欲しがるものが存在しないので、欲しい物が考え付かない。
さりとて、妻に気づかれない様になんか見つけて驚かせたい。

控え目に泳ぐ父さんと電子レンジ
めちゃめちゃ甘いお菓子が好きで、甘いおやつなどをつくります。
普通に自分で一生懸命混ぜて、オーブンで焼いて作っていたのだけれども、ここ最近、ホームベーカリーで作ってみたら、とても手軽でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンを細かくして混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも気を付けている。
甘味料が控えめでもニンジンや野菜自体の甘味があるので、笑顔で口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子なんて表現もテレビであるから変ではないのだけれど、しかし、だいぶ昔は、甘いお菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
最近は、そういった男性が増えたよねとも言われたりします。

蒸し暑い週末の午後は食事を

テレビを眺めていたり人ごみに行くと綺麗だな〜と思う人は多い。
顔立ちは、標準的な美人とは言えなくても、愛嬌があったりオーラがあったり。
個人の雰囲気は、その人の今までの積み重ねかもしれない。
結構重要だと思う。
最近見てしまうのはアーティストの西野カナだ。
Mステを見て初めて質問を受けている姿を見た。
なんてかわいいんだろう!と思わずにいられない。
ふっくらしたほっぺに、体つきも丁度いい感じ、パステルカラーがとても似合う印象。
話し方がほんわかしていて、名古屋弁なのもポイントが高い。
曲は割と聞くけれど、これを見てから余計に大好きになった。

笑顔で叫ぶ兄さんと冷たい肉まん
個人の大半が水分という研究結果もあるので、水の摂取は人々の基盤です。
水分摂取を充分に行い、みんなが元気で楽しい夏を満喫したいものです。
きらめく太陽の中から蝉の鳴き声が聞こえてくるこの頃、いつもそんなに出かけないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策について丁寧な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のお手入れは夏が過ぎた頃に出てくるといいますので、やはり気にしてしまう部分かもしれません。
そして、誰でも気になっているのが水分補給に関してです。
まして、いつも水分のとりすぎは、良いとは言えないものの暑い時期ばかりは少し例外の可能性もあります。
というのは、多く汗をかいて、知らないうちに水分が出ていくからです。
外出した時の本人のコンディションも関係することでしょう。
ひょっとして、自身が気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏のときの水分補給は、次の瞬間の体に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
少しだけ外へ出る時も、小さなもので大丈夫なので、水筒があれば非常に経済的です。
個人の大半が水分という研究結果もあるので、水の摂取は人々の基盤です。
水分摂取を充分に行い、みんなが元気で楽しい夏を満喫したいものです。

手裏剣


Copyright (C) 2015 発泡酒はぬるかった All Rights Reserved.
巻物の端